Xaml画像の表示

xaml-image.png

ツールボックスからImageという部品を選ぶ

XAMLのコード

 <Image x:Name="m_PctBox" Width="256" Height="256" Stretch="Fill"></Image>

x:Nameというのは、.csの方で使う名前
この時点でどうやら Image m_PctBox;と宣言したことになってるようだ。
  public WriteableBitmap m_PreviewBmp;
m_PctBox.Source = m_PreviewBmp;

Sourceに指定可能なものはSystem.Windows.Media.ImageSourceの派生
ファイルパスから画像を表示 BitmapImage(new Uri("ファイルパス"));
自分で作った画像を表示 WritableBitmap

ドラッグ&ドロップで画像を表示する

XAMLでファイルをドラッグ&ドロップokにしたい部品に以下の属性を記述する
なるべく親要素に書くと楽

AllowDrop="True"  
Drop="OnDrop"

対応する.cs
private void OnDrop(object sender, DragEventArgs e)
        { // Handle FileDrop data.
            if (e.Data.GetDataPresent(DataFormats.FileDrop))
            {
                string[] files = (string[])e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop);
                 m_PctBox.Source =  new BitmapImage(new Uri(files[0]));
 
            }
        }

ファイルをドラッグ&ドロップするとファイル名をメッセージボックスに表示します

今まで作ったアプリ

Blockenizer(Git)


image

サポートサイト Wikidot.com image