テクスチャマッピング

texture-mapping.png

イメージベーステクスチャの場合、マッピングは、画像上の2Dポイントとテクスチャを適用するメッシュの2D表面上のポイントとを対応させる。
四角形の画像を3Dの表面にマッピングする方法は数多くあるが、
Blenderでは

  • 立方体
  • 筒状
  • 球体

のマッピングが可能。

複雑な形状へのテクスチャマッピング

球体や立方体など、単純な形の場合は単純なマッピングでいい。
しかし、実際にレンダリングしたいものは、人間の形をしていたりと複雑だ。
そういう場合はUVマッピングというものを使う。

サポートサイト Wikidot.com