Swift Basic

swift-basic.png

変数•定数の宣言

 var を用いて宣言した変数は、何回でも代入することを許容します。変数の型が同じであれば、何回でも代入を繰り返すことができます。
let を用いて宣言した定数は、再代入を許しません。letを用いると、状態、副作用を極力排する方向にコードを記述できます。定数ですね

関数の書き方

func 関数名(引数名: 型名,引数名: 型名){}

たとえば
func calc(num: Int,name: String){}

戻り値付きの関数

func() -> 型名{}

たとえば
func() -> Int{
 return 1
}

サポートサイト Wikidot.com