Sublimeでコンパイル

sublime-build.png

ビルドの仕方

Tools->Build

あるいはCtrl+B

コンソールの表示

Ctrl+@

元から入ってるビルド

C++, D, Erlang, Haskell,Ant, JavaC, Make, Python, Ruby

新しいビルドを追加する

Tools->Build System->New Build System

「untitled.sublime-build」というファイルが開かれ
Sublime Text3の初期状態はこうなってる

{
    "shell_cmd": "make"
}

このファイルはjson形式
Sublime Text 2だとshell_cmdのところがcmdになってるらしい。
なので
たとえば、

latex test.tex

というコマンドにしたいと思ったら

{
    "cmd": ["latex","$file"]
}

有名なプラグインLatexToolの.sublime-buidの中身

オプションがいっぱいある場合

{
    "cmd": [
        "latex","$file","-interaction=nonstopmode","&",
        "dvipng","$file_base_name.dvi","-D","300","-bg","Transparent","-T","tight"
        ],
    "shell":true
}

空白が開いてるところは、””で分けなければならない。どうやら""の内側にスペースがあるとコマンドがそこで終わってしまうようだ

shell_cmdで何回やってもダメで、cmdにしたら動いた。

shell_cmd 登録したいコマンドを書く。 PATHが通っていること
cmd 登録したいコマンドを書く。 PATHが通っていること
file_regex Optional. Regular expression to capture error output of cmd.
line_regex Optional. If the file_regex doesn’t match on the current line, but there’s a line_regex specified, and it does match the current line, then walk backwards through the buffer until a line matching the file regex is found: use these two matches to determine the file and line to go to.
selector Optional. Used when Tools | Build System | Automatic is set to true. Sublime Text uses this scope selector to find the appropriate build system for the active view.
working_dir Optional. Directory to change the current directory to before running cmd.
encoding Optional. Output encoding of cmd. Must be a valid python encoding. Defaults to utf-8.
target Optional. Sublime Text command to run. Defaults to exec (Packages/Default/exec.py).
env Optional. Dictionary of environment variables to be merged with the current process’ that will be passed to cmd.
shell trueにすると、コマンドプロンプトからbashと打った後の状態でコマンドが実行されることになる
path Optional. This string will replace the current process’ PATH before calling cmd. The old PATH value will be restored after that.

自分用ビルド設定ファイルの保存先

Sublimeから保存しようとすれば自動的に以下のフォルダに保存せい、と指定されるのでご安心あれ。

C:\Users{user_name}\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\User

デフォルトではuntitled.sublime-buildとなってるけど、拡張子より前は好きな名前をつけていい
もともとあるビルド設定ファイルの場所は

SublimeTextのフォルダ\Data\Packages\User\Python.sublime-build

これをやった後に、あれをやる、、複数のコマンドを登録したいとき

OSによって違うらしいけど、Windowsの場合はコレ。

{
    "cmd": [
        "latex","$file","-interaction=nonstopmode","&",
        "dvipdfm","$file_base_name"
        ],
    "shell":true
}

登録コマンドファイルの保管場所

Macの場合

/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Sublime Text 2/Packages

サポートサイト Wikidot.com