静的メモリ

static-memory.png

リンカが割り当て、プログラムの実行中常に有効である。
グローバル、名前空間変数、クラスのstaticメンバ、関数内のstatic変数
は、静的メモリに割り当てられる。
静的メモリに割り当てられたオブジェクトは、1度だけ構築され、プログラムが終了するまで残る。
アドレスも最後まで変わらない。
静的オブジェクトは、共有され、適切なアクセスのためにはロックを必要とするので、
スレッド(並行処理によって共有されるアドレス空間)を使うプログラムでは、問題の原因となることがある。

つまり、よっぽどプログラムの最初から最後まで必要なものでない限りは、動的メモリを使った方がいいってことね。
ただのintとかはどうすんのかな。

サポートサイト Wikidot.com