スネルの法則

最終更新日25 Apr 2017 07:41

二つの媒質中の進行波の伝播速度と入射角・屈折角の関係を表した法則のこと

(1)
\begin{align} n_{1}\sin\theta_{I}=n_{2}\sin\theta_{T} \end{align}

後の式の便利のためこうしておく。

(2)
\begin{align} \sin\theta_{I}=\frac{n_2}{n_1}\sin\theta_{T} \end{align}
(3)
\begin{align} n_1 sin\theta_i = n_2 sin \theta_t \end{align}
  • $\theta_i$…入射角=反射角
  • $\theta_t$….屈折角・透過角transmission angle
  • $n_1$…面より上の媒体の屈折率…上の媒体は大体において空気なので1.0
  • $n_{2}$..面より下のの屈折率

GLSLのrefract関数でスネルの法則

refract(入射ベクトル,法線ベクトル,屈折率)

関数の中身ではスネルの法則が利用されている。

サポートサイト Wikidot.com