開発環境

shader-circumstance.png

C++

デバッグはWebGLよりかはしやすい。
ライブラリのリンクとかが大変面倒。この辺がMacとWindowsで変えないといけないのが面倒。
GUI作るのも大変面倒。

WebGL

Mac,Windowsに依存することなく開発できる。
デバッグがしづらかったけど、WebGL InspectorというChromeの拡張機能が出たらしい

Blender

シェーダの開発だけに集中したいならば、Blenderでできたらいいなと思った。
不可能ではないようだ[1]
頂点にx,y,z以外の特殊なアトリビュートを入れるには??とちょっと心配だが

サポートサイト Wikidot.com