四捨五入

round.png

四捨五入とは、4以下だったら0にして5以上だったら繰り上げする
ということだが、
それを計算機で素早くやるにはちょっとしたテクニックが必要です。
馬鹿正直に

int x=123;
int lowest=x%10;
if(4<lowest){
    x=120;
}else if(5>=lowest){
x=130;
}

なんてやってたら計算に時間がかかりすぎまし、コードが複雑になります。

round関数を使う

どの言語にもround関数というものがあってそれは四捨五入を意味します。

Java C++
Math.round() #include <math.h>
round()

プラス0.5して型キャストする。

どーーしても数学関数を使いたくない。もっとスピードアップするんだ!!という方におすすめなのが、
プラス0.5して型キャストする方法

double x=0.6;
int round=(int)(x+0.5);

これで自動的に四捨五入されます。

サポートサイト Wikidot.com