参照型

reference-type.png
  • 参照型の変数に格納されるのは、オブジェクトそのものではない。
  • 格納されるのは、「オブジェクトがメモリ中のどこに存在するか(オブジェクトのアドレス)」
  • 「参照」とは、厳密には「オブジェクトがメモリ中のどこに存在するか(オブジェクトのアドレス)」を知らせる情報のこと。
  • 「参照」は、いわゆるCでいうところの「ポインタ」に似ている。ただ、Javaの参照の場合、プログラマは参照型変数に実際にどのような値が入っているかを知る必要はない。
    • 単に、その値が特定のオブジェクトを指示していることを理解すればよい。
    • JVMは参照型変数の値を使用して、オブジェクトを探すことができる。

サポートサイト Wikidot.com