光線・半直線

ray.png

パラメトリック形式で表現。これが3Dで計算するときは一般的

(1)
\begin{equation} L=P+td \end{equation}

dは方向ベクトル
tは変数
Pは直線上にある点


line unproject

サポートサイト Wikidot.com lineunproject