色の性質

property-of-color.png

色が見えるまで

色が見えるためには、

  • 光があること
  • 眼が働いていること
  • 見るべき対象物があること

の3つの条件が必要である。
光は物理的なエネルギーの一種である。
色を正しく計測するための光は標準イルミナントと呼ばれる。
人の視感覚の特性を平均化として定めたものは標準観測者と呼ぶ。
物理的には同じ特性を持つ色が背景の色の違いによって異なって見えることもある。
その現象の一つとして対比現象があげられる。

サポートサイト Wikidot.com