プロシージャルテクスチャ

procedural-texture.png
020l.jpg
パターンは数式やアルゴリズムで決まる
式でパラメータを操作する他、生成されたパターンがマテリアルに与える影響を調整する必要がある。
多くの場合、プロシージャルテクスチャのパターンの式からは、実際には、3次元パターンが生成され、
そのパターンがメッシュ表面と交叉する平面の横断面は2D表現として扱われる。
BlenderのCloudテクスチャはその良い例だ。
プロシージャルテクスチャをオブジェクトにマッピングするということは、メッシュや3D空間全体に対するパターンの方向を決定するということだ。
プロシージャルテクスチャは概して扱いやすいが、使用できるパターンとバリエーションの種類には限りがある。

サポートサイト Wikidot.com