プリプロセッサ

preprocessor.png

、一般にある処理を行うソフトウェアに対して、データ入力やデータ整形などの準備的な処理を行うソフトウェアのことである。

コンパイラがソースコードをコンパイルする前に、一旦ソースコードに処理を施すためのプログラム

GNUプロジェクトのcppコマンドはよく使われているプリプロセッサである。cppコマンドを明に実行しなくても、C言語コンパイラのccコマンドやgccコマンドはその内部でプリプロセッサを先に実行させることができる。

C++の様に、言語自体の機能によって定数やインライン関数を記述可能な言語ではなるべく言語自体の機能を使い、プリプロセッサを排除して記述すべきだという意見が存在するが、互換性や慣習からプリプロセッサを利用した記述が行われる場面は依然多い。
また、プリプロセッサを積極的に用いてメタプログラミングを行うといった高度な用法もある。

サポートサイト Wikidot.com