フォンのスムースシェーディング

最終更新日22 Feb 2017 01:35

スムースシェーディングの手法の一つ。
フォンのモデルとはまた別。
法線ベクトル補間シェーディングとも呼ばれ、
強度ではなく
面法線ベクトルNを補間する。
グーローシェーディングよりも品質が良い。
ハイライトをより忠実に再現している。
マッハバンド効果を減少させる。

法線ベクトルの正規化を毎回行う必要があり、計算量は増加する。

サポートサイト Wikidot.com