Open Scene Graph

osg.png

3rd partyの中にboost入ってる

インストール

ビルドするにはCMake2.6以上が必要
Windows バイナリのダウンロード….ここからダウンロードしたら失敗した。ちょっと古すぎるのかも。Visual Studio 2015と合うものがない。

Visual Studioでビルドする前に

こういうフォルダ構成にする[4]

  • OpenSceneGraph-VERSION (replace VERSION by 2.8 or SVN or whatever)
  • OpenSceneGraph-VERSION\3rdParty (put the contents of the 3rdParty zip file in here)
  • OpenSceneGraph-VERSION\OpenSceneGraph

3rd partyを用意する

ダウンロードしたら3rdPartyというフォルダを作る
そのフォルダをOSG_3RDPARTY_DIRという環境変数を作ってパスを渡す
3rdPartyというフォルダに入れる中身は[3]より
とりあえずfullのほうを入れてみる
ちなみにこっちがsmallのほう
これをやっとかないとテクスチャの読み込みや3Dモデルの読み込みに失敗する。

#include <iterator>を加える

そのままだとエラーになります、mなので
osgプロジェクトのHeader Files下
NodeCallBack
の頭と
String.cpp
の頭に

#include <iterator>

をいれます。

インストール後

osgviewerをでデータ表示を試す

ビルドしたらbinフォルダの下に
osgviewerd.exeというのが出来てるとします。(デバッグモードでビルドしたら全部語尾にdがつきます)
OSG_FILE_PATHという環境変数にOpen Scene Graphのサンプルデータセットへのパスを入れます。
たとえば

C:\Projects\OpenSceneGraph\OpenSceneGraph-Dataとセットして

コマンドプロンプトで

osgviewerd cow.

すると、牛が表示されます。


cmake scene-graph

サポートサイト Wikidot.com cmakescene-graph