OpenGL3

opengl3.png

2008年登場
Longs Peakというコードネームでプロジェクトが進行した。
主にOpenGLのライフタイムに関する改革をはかった。

  • オブジェクトの生成がatomicになった(マルチスレッド対応に便利になった)

たとえば、テクスチャの画像の中身は変えられるけど、サイズは一度決めたら変えられない、など

非推奨になったもの

  • All fixed-function vertex and fragment processing
  • 直接モードのレンダリング glBeginglEndなど
  • ディスプレイリスト…変わりに頂点バッファオブジェクト推奨
  • Indexed-color rendering targets
  • OpenGL Shading Language versions 1.10 and 1.20
  • Application-generated object names
  • Edge flags
  • Client-side vertex arrays
  • Rectangles GL_QUAD and GL_POLYGON primitive types.
  • Current raster position

Two-sided color selection
Non-sprite points
Wide lines and line stripple
Quadrilateral and polygon primitives
Separate polygon draw mode
Polygon stripple
Pixel transfer modes and operations
Pixel drawing
Bitmaps
Legacy OpenGL 1.0 pixel formats
Legacy pixel formats
Depth texture mode
Texture wrap mode CLAMP
Texture borders
Automatic mipmap generation
Fixed function fragment processing
Alpha test

Context framebuffer size queries
Evaluators
Selection and feedback mode
Display lists
Hints
Attribute stacks
Unified extension string

OpenGL3.1以降新登場したもの

OpenGL3.2以降新登場したもの

サポートサイト Wikidot.com