Objective-C

objective-c.png

他の言語と違うところ

実行時にメッセージを送ることによって、
動作するメソッドが確定し、
オブジェクト間の連動を行います。
これを動的結合と呼びます。
メッセージを送るオブジェクトをセンダーと呼び、
受け取るオブジェクトをレシーバーと呼びます。

メッセージ送信は、コーディング上では単なるメソッドの呼び出しですが、
実行時に呼び出すメソッドが確定されるというところが他のオブジェクト指向言語と違います。
このため、
コンパイル時にはメッセージに対応するメソッドがレシーバに無くてもチェックされない場合があります
反面、後からレシーバと鳴るオブジェクトを作成できるなど柔軟性もあります。


ios

サポートサイト Wikidot.com ios