Monkeydevice

monkeydevice.png

ドラッグ

void drag ( tuple start, tuple end, float duration, integer steps)

端末画面上にドラッグジェスチャー(touch,hold,move)をシミュレート。
引数
start ドラッグジェスチャーの出発座標をtuple(x,y)で指定。
end ドラッグジェスチャーの終点座標をtuple(x,y)指定。
duration ドラッグジェスチャーの時間(秒)。初期値は1.0秒。
steps ステップ数の値はポイントの補完するときに使用される。初期値は10。

端末情報を取得する getProperty()

渡すべき引数の表が[1]にありますが、これは文字列として渡して使います。
たとえばこんなかんじで

device.getProperty('build.version.sdk')

サンプルソースコード
#coding: UTF-8
from com.android.monkeyrunner import MonkeyRunner, MonkeyDevice
 
# 現在の端末に接続。 MonkeyDevice オブジェクトを取得
device = MonkeyRunner.waitForConnection()
print "build.version.sdk="+device.getProperty('build.version.sdk')
print "build.device="+device.getProperty('build.device')
print "display.width"+device.getProperty('display.width')
print "display.height="+device.getProperty('display.height')

サポートサイト Wikidot.com