混色

mixing-color.png
700-00028492fw.jpg

混色の種類

  • 同時加法混色
  • 中間混色
    • 回転混色
    • 併置混色
  • 減法混色…色材

違いまとめ

項目名 加法混色 減法混色
原色 赤、緑、青 シアン、マゼンタ、イエロー
計算法 単純な足し算 透過率の積
補色を混ぜると

同時加法混色

色光を同時に投射して混ぜる方法。
プロジェクターのフィルターには一般的に、赤、,青(青緑)が用いられる。
この組み合わせは、できるだけ少ない色数で多くの色を再現するという基準にかなったもので、この色のことを光の三原色と呼ぶ。

中間混色

光の混色である加法混色の一つ中間混色は、人間の外部で起こる光の混色ではなく、もとの色は独立した色として存在しているが混色しているように見える、
いわば人間の内部で起きる『視覚としての混色である。

併置混色

併置混色の代表例がスーラの点描画である。
小さな色点を無数に配することにより、離れてみるとそれらが混色して見える。
加法混色の一種だが、面積が関係してもとの明るさの平均になることから中間混色と呼ばれる。
T-tenbyou.gif

回転混色

コマを2色に塗り分けて高速で回すと、個々の色が見分けられなくなり、あたかも一つの色のように見えてくる。
これは回転するという時間的要素によって作り出される中間混色であることから、回転混色と言われている。

減法混色

絵の具やインキなどを混ぜあわせ、混色した結果、もとの色に比べて明るさが減少することからこう呼ばれるが、
このような色材の中間混色の代表はシアン・マゼンタ・イエローである。

  • 減法混色は、加法混色に比べると色再現できる領域が狭い。
  • 減法混色は混色の結果は、2種類の色材の透過率の積として表すことができるため、色度図上を直線的には移動しない。

加法混色

色光の混色を加法混色という。
代表的な原色はR,G,Bである。
色光の三原色は、できるだけ少ない色数で多くの色を再現するという基準で選ばれている。
加法混色において、2色を混色して白色になる色と色同士を補色の関係にあるという。

色再現域

色度図上にあるR,G,Bを結んだ三角形の内部が、その3色で加法混色して作ることのできる色の範囲のこと。

身の回りで混色が使われている例

印刷の場合

紙に乗せるインキの量(網点面積率)を変えてさまざまな色を作り出す。
インキが重なる部分では色料の混色である減法混色
重ならない部分では併置混色(中間混色)が起こっている。

テレビの場合

視角的には見分けられない小さな光の点による「中間混色(併置混色)」を利用している。
光を重ねて混色しているわけでなく、それぞれの発行強度を変えて色を作り出している。

写真の場合

シアン、マゼンタ、イエローの各色素が三層に重なり独立している3色素の濃度を変え、
減法混色によってさまざまな色を作り出す。

サポートサイト Wikidot.com