微細表面

最終更新日09 Jun 2017 06:53

microfacet…微小平面と訳される時もある。

Microfacet Theory

各微小平面はサーフェイス上にある非常に小さく平らな鏡(フレネル反射する)で、
ランダムな大きさと角度を持っている。
物体の微小面で光は反射を繰り返すけれど、Microfacet BRDFの式ではこれを無視する
Microfacet BRDFの式

(1)
\begin{align} f(l,v) = \frac{D(h)F(v,h)G(l,v,h)}{4(n\cdot l)(n \cdot v)} \end{align}

D項:NDF

微小面の法線の分布関数。
微小面の法線のうちハーフベクトル$\vec{h}$と一致するものがどのぐらいの割合あるのか?を示す関数です。
全体の法線$\vec{n}$と相関関係を持っているはずです。[1]


ファイル

サポートサイト Wikidot.com