詳細度切り替え:球の場合

lod-switch-sphere.png
sphere.png
画面に投影される球の大きさは、カメラからの距離に応じて減少します。
もし、カメラと球の距離が2倍遠くなったら、
球が投影された時のサイズは$\frac{1}{2}$小さくなります。

下の式は、投影された球の半径の計算の仕方です。

(1)
\begin{align} p=\frac{nr}{d \cdot (\vec{c}-\vec{v})} \end{align}
p
投影された球の半径(これが知りたい答え)
d
正規化された視線ベクトル
c
ローカル座標での球の中心座標
v
ローカル座標での視点座標
r
ローカル座標での半径のサイズ
n
視点から視錐台のニアークリッピング面の距離

sphere

サポートサイト Wikidot.com sphere