最終更新日25 Apr 2017 05:31

普通明るさは

specular > diffuse > ambient

になる。

光が面に当たるとどうなるのか?

  • 入射光….光源から来る光のこと
  • 反射光….たくさん反射するほど見える色は白くなる
  • 透過光(transmit)….透過するほど透明になって後ろの背景が見える
  • 吸収(absorption)….たくさん吸収されるほど見える色は黒くなる
光とは電磁波と呼ばれる放射エネルギーの一種での性質を持っている。
人間の眼は380nm~780nmの範囲の光を見ることができる。
可視光より長いのが赤外線
可視光より短いのが紫外線
色名 波長 色相 大きさの例
紫外線になりつつある 380nm~400nm1
400nm~435nm 266
435nm~480nm 240
緑青(シアン) 480nm~490nm 180
青緑 490nm~500nm
500nm~560nm 120
黄緑 560nm~580nm
580nm~595nm 60
595nm~610nm
610nm~750nm 0=360
赤紫 750nm~800nm
マゼンタ 存在しない赤外線と可視光の間(曖昧) 300


コンピュータグラフィックスにおいてももちろん、出てきますが、
カラーコーディネーター検定でも光の話が出てきます。


color

サポートサイト Wikidot.com color