<Library_Materials>

instance_effect

<library-effects>で定義されたエフェクトインスタンス化して、
それをこっちで定義したパラメータでカスタマイズすることができる。
url属性は、参照にするエフェクトへのパスである。

サポートサイト Wikidot.com