ランバートの余弦則

最終更新日22 Feb 2017 08:30

面が受ける光の量は面の法線と光の方向のなす角に比例する

という法則のこと。

(1)
\begin{align} N \cdot L = \cos \theta \end{align}

lambertian

サポートサイト Wikidot.com lambertian