Junitコードの書き方

junit-code.png

まとめ

自動生成されたメソッドはそれぞれ以下のような役割を持っています。
setUpBeforeClass() このテストクラスの最初のテストメソッドが呼び出される前に実行されるメソッドです。
tearDownAfterClassメソッド このテストクラスの最後のテストメソッドが呼び出された後に実行されるメソッドです。
setUpメソッド 各テストメソッドが呼び出される前に実行されるメソッドです。
tearDownメソッド 各テストメソッドが呼び出さた後に実行されるメソッドです。
testIsBlankメソッド テスト対象クラスの isBlank メソッドに対するテストメソッドです。
testIsIntメソッド テスト対象クラスの isInt メソッドに対するテストメソッドです。

setUp()関数

そのクラスのテスト関数が呼び出される前に呼び出されます。
テストの前に必要な環境セットアップに使ってください。
テストメソッドで使う変数をここで初期化します。
Use it to set up the environment for the test (the test fixture.
You can use setUp() to instantiate a new Intent with the action ACTION_MAIN.
You can then use this intent to start the Activity under test.

@Before
    protected void setUp() throws Exception {
        super.setUp();
    }

tearDown()関数

テストが終わった後に呼び出される関数です。
ガーベッジコレクションを呼ぶコードを書いたりします。
tearDown()はクリーンアップ用のメソッドです。JUnitは各テスト関数が完了した時にこのメソッドを呼び出します。

@After
    protected void tearDown() throws Exception {
        super.tearDown();
    }

and to reset the test fixture.
Another useful convention is to add the method testPreconditions() to your test class.
Use this method to test that the application under test is initialized correctly.
If this test fails,
you know that that the initial conditions were in error.
When this happens, f
urther test results are suspect, regardless of whether or not the tests succeeded.

The Resources tab contains an Activity Testing tutorial with more information about creating test classes and methods.

setUpBeforeClass()

@BeforeClass
    public static void setUpBeforeClass() throws Exception {
    }

tearDownAfterClass()

@AfterClass
    public static void tearDownAfterClass() throws Exception {
    }

@Test

@Testとメソッドの前に書いておくと、JUnitはこの関数がテストであることを理解して、テストを実行してくれます。

@Test
public void test(){}

テスト結果の書き方

fail

fail("失敗した時のメッセージを書く");

assertEquals(左,右)

左と右の値が同じならばok そうでないならaseert
左に期待値、右に実行結果を書くこと

assertEquals(期待値,実行結果);


eclipse-adt-test

サポートサイト Wikidot.com eclipse-adt-test