ジャッド

judd.png

Deane B. Judd
1900-72
1955年、つまり55歳の時に発表した論文の中でこう言った。

色彩調和は、個人個人の好みに帰結する一方で、新奇性に惹かれたり、馴染みのある配色を好ましく思うことがある。

  • 秩序性の原理….等間隔性で成り立つ色空間から秩序のある、または単純な幾何学的関係によって選ばれた配色は調和する
  • 親近性の原理…通常、見慣れた色の組み合わせはなじみやすい。たとえば、自然界に見られる色の変化や有機的連鎖における配色は調和する
  • 共通性の原理….構成された配色間に、ある種の共通性や類似性を持っている配色は調和する
  • 明白性の原理…色が曖昧でなく安定して見える配色は調和する

秩序性の原理

幾何学的位置関係 にある、
とは、色相環でみたら丁度3個ずつずれてるとか
正三角形の位置にあるとか
正方形の位置にあるとかそういう意味。

vv-P2 vv-O1 vv-G3

親近性の原理

明るい色が黄みの方向の色相に傾くように配色したもの。自然界と同じかんじに。

lg-Y2 mg-O3 dg-R3 lt-G1 vv-G3

共通性の原理

lt-G1 vp-G1 dp-G1

色相支配の配色

mg-R3 dk-R3

明白性の原理

Bk(20) vv-R3 Bk(10) vv-Y2
Bibliography

color-people

サポートサイト Wikidot.com color-people