Javaのおすすめ本

java-books.png

はじめてjavaを学ぶ人に

初心者本の選び方


今まで色々な本を買って、ある日この本を買った時、やっとjavaのコードが書けるようになった。。。!感謝の一冊。

おすすめだけど、難解な本


Effective Java は学部生の時に、先輩からおすすめされました。
プログラミングするうえで気を付けた方が良いことが書いてあります。
基本的に、いかにして堅牢でランタイムエラーの起こりにくいコードを書くか、人に迷惑をかけにくいコードを書くか、ってかんじです。
この本が名著だと言われている理由は、まとめ方が良いんだと思います。
言語のリファレンス、初心者向けの本はたくさんある中で、そういう言語知識を網羅するだけじゃわからない、
アプリケーションを作った経験を経ないとわからないようなことが書いてあるんだと思います。
この本のイヤなところは、難解なこと。
ソースコード例は完結ではない。
そのままEclipseにコピペしたら動くようなコードではなく、必要最低限のコードしか書いてないんです。
あと、わかりにくい専門用語が事前の説明もなしにバンバン出てきます。翻訳しにくい英語のせいかもしれないけど。
そう、電車の中でさらっと読むだけで、あなたも優秀なプログラマに。。。!!なれる類のものではなく、
じっくり読みながら、実際にコードを、自分の頭の中で一生懸命補完して、パソコンで実際に実行してみないと、よくわからない!
そんな修行僧な気分になれる本です。

おすすめじゃない本


この本は、私がjavaを初めて学ぶぞ!と気合たっぷりで買ってみた本だが、ちっとも独習じゃなかった。初心者には難しすぎる。
メソッドの説明がされてるけど、実際にどんなふうに使うのかさっぱりわからなかったし(完全な形のサンプルコードがなかった)
左の本は、ちゃんと各章に完全な形のサンプルコードがあって、しかもwebにもサンプルコードがおいてあるという、親切な本なんです。


この本は、大学時代にあるベンチャー企業でバイトしてたのですが、
そう、その時は若いという可能性だけで採用して頂いたんです。
そこで、javaをやる必要がありました。
早くできるようにならなきゃ、と焦って買った本がこの本です。
その時は読んでもさっぱりわからなかったです。 意味不明なカタカナ横文字。C&C++をやった人じゃないとついていけないよ。
絶対にプログラミング初心者向きじゃありません。
ただし、既にプログラミングの経験があってはじめてjavaを触るって人には向いているかも。
9年余り経った今、ようやく読み返しての感想、
本当にクイックリファレンスにする気があんのか!?と思うくらい、重厚で、詳しく、分厚いです。

サポートサイト Wikidot.com