Tex:図の入れ方

本物のページはこちら→fig

Included page "tex:fig" does not exist (create it now)

.pngの場合

luaLatexを使用している私の場合、これで表示できた。

\usepackage[pdftex]{graphicx}
\includegraphics{picture/morning.png}

.epsの場合

縦横ピクセル数を知らなくてもokだから楽。
GIMPでepsファイル作るのがお勧め。パワーポイントでepsファイル作るのはお勧めしない。透明部分が変な灰色になるから。
ただし、GIMPでepsファイルを作るには、GIMPとGhost scriptをちゃんとリンクさせないと、ちゃんとした絵が作れない。(変な灰色の背景againになる)
たしか、環境パスを指定してやる。アラートがちゃんと出るはず。

\usepackage[dvips]{graphicx}
\includegraphics[scale=0.3]{1.eps}

画像のサイズ調整

scaleによる方法

\includegraphics[scale=0.3]{1.eps}

0.3はもとの大きさの0.3倍という意味

width,height

\includegraphics[width=3cm,height=5cm]{1.eps}

他にも、pt,mmが使えるよ。

clip

\includegraphics[clip,width=3cm,height=5cm]{1.eps}

clipを指定すると無駄なところがクリップアウトされる。

よく使うもの 画面内で占める面積の割合を指定

\includegraphics[keepaspectratio=true,width=.95\columnwidth]{eps/pipleline.eps}
  \end{center}

width=.95\textwidth

もある

stretchしたいとき

widthやheightを指定すればそれに合わせて縦横比を変えて、勝手に伸び縮みしてくれるよ!

サポートサイト Wikidot.com