大域照明モデル

本物のページはこちら→global-illumination

Included page "global-illumination" does not exist (create it now)

オブジェクトの位置にも
観測者の位置にも
依存しない。
周囲光を遮りそうな近傍のオブジェクトの有無にも関係ない。
間接光と密接な関係がある。

表面のシェーディングならBlinn-Phongの方法でよかった。
しかし、雲や、柔らかい組織のシェーディングには向いていない。
なぜならこれらは、participating mediaで散乱減衰現象を引き起こすからだ。

ボリュームデータの法線の求め方では、周りのデータ値との差から法線の方向を求めた。
しかし、同じスカラー値の続く均質物質の領域では、法線は定まらない。0のベクトルになってしまう。

サポートサイト Wikidot.com