1980年代

本物のページはこちら→eighty-japan

Included page "eighty-japan" does not exist (create it now)

1980年代は、白、黒、といったニュートラルカラー(無彩色)や、
ピンク、ライトグリーン、といった明清色であるパステルカラーが人気を集めるようになる。
服飾分野では、

  • ニュートラ….New Traditionalの略 。現在に至るブランドブームの起源とされる。
  • ハマトラ….横浜トラディショナルの略

と言われた流行のスタイルにパステルカラーと白のコーディネートが人気を呼び、
それはインテリア商品やち調理家電品にも広がった。
このようなさわやかな印象の色への関心が高まった反面、無機質でクールな色彩志向もこの時代の特徴で、
ウォークマンやCDオーディオ、コンピュータなどの電子技術の発達によるハイテク志向の風潮も大きく影響している。
1985年に筑波科学万博に象徴されるような、シャープで軽快な未来志向の強い時代であった。
婦人服では他に、色の大流行があった。
1982年にファッションデザイナーの川久保玲らが発表したという色は、流行に敏感な若者層にいち早く受け入れられ、
その後幅広い分野にわたる流行色となった。
80年代中期は、60年代から70年代を経て、
耐久消費財や身の回り品などを十分に持ち、さまざまな色彩を経た後の成熟社会ならではの個性のある美意識を象徴した生活者主導型という風潮が生まれた。
1980年代後期になると日本経済は未曾有のバブル経済の時代を迎える。
所得は飛躍的に伸び、円高が急速に進む。
こうした金銭的な豊かさを背景に高級志向が強くなっていく。
この傾向は、衣服ではイタリアブランドを中心とする海外ブランドブームとして現れた。
1987年から1992年の5年間ほど続いたバブル経済は、色彩的には1970年代中期を彷彿とさせるナチュラルカラーと、
高級志向を色彩的に表現したダークカラーといった二面の色をもたらしている。

ニュートラ

img_1463188_44880356_1.jpg

1970年代に神戸のアパレルメーカーが製造していた若い女性向けのファッションをファッション誌『an・an』がニュートラと総称したことが語源とされる。1975年頃よりファッション誌『JJ』や『CanCam』などが頻繁に取り上げて、一大ファッションブームとなった。エルメスやジバンシー、フェンディ、グッチ、セリーヌ、エミリオ・ブッチ、イヴ・サンローランをはじめとする海外高級ブランドユーザーの大衆化(若年齢化)やセレクトショップのブーム、ファッション誌のモデル大量起用など、その後の日本のファッションに多大な影響を及ぼした。
特徴[編集]

トラッドを基本として、それに海外有名ブランドの商品をコーディネートするスタイルが主流。
ブレザーやワンピース、カーディガンなどの定番アイテムに、グッチやフェンディ、セリーヌ、エルメスなどの海外有名ブランド小物を合わせるというもの。
また、派手な色使いのシャツにセミタイトのスカート、ゴールドのバックルに、高級ブランドの小物を合わせるスタイルなどもある。
よくいえば「お嬢様風」「大企業の社長室秘書風」、悪くいえば成金趣味のスタイルであるとも描写される
特に重視されたのがルイ・ヴィトン、セリーヌ、フェンディなどヨーロッパの高級ブランドのバッグであるが、
この際には一目見てどこのブランドか判別出来ることが重視された。

ハマトラ

c0177814_17272818.jpg

1970年代中頃から流行していた神戸発のニュートラに対抗する横浜発のファッションという触れ込みで、
女性ファッション誌「JJ」(光文社)の誌面企画で1976年前後に生み出されたファッション・スタイルがこのハマトラである。
「JJ」は横浜・元町界隈に集う女子大生たちのニュートラとは違う独特のコーディネートに着目し、
“おしゃれな港町横浜のお嬢様学校・フェリス女学院大学”に通う女子大生の着る物・身に付ける物をイメージして、
大学の最寄りの横浜・元町商店街で扱う商品から選んで登用した。
1979年から翌1980年に掛けて一大ブームとなったが、
そのブームの収束は早く、1981年には再びニュートラにブームが取って代わられる。
ハマトラはキャンパス・ファッションの範囲に限定され、故にカジュアル・ファッションがメインとされたことにより、
ハマトラが本来ターゲットとした二十歳前後の年齢層以下の女子中高生にも影響を与えた。
ポロシャツとベストやカーディガン、タータンチェックの巻きスカート、ハイソックス、パンプスの基本的な組み合わせである。
元町商店街に本店を構えるブランドが定番で、フクゾーの洋服、ミハマの靴、キタムラのバッグが神奈川県内では「三種の神器」とまで呼ばれていた。
上述の元町ブランドの他にも、ハマトラにおける唯一の海外高級ブランドの定番アイテムとして、
クレージュの弁当箱型ショルダーバッグや、ブーム末期は都内で展開したSHIPSやボートハウスなどの胸元にロゴが入ったレタードトレーナーなども目立っていた
(ただし、これらはニュートラのほうでも組み合わせられていた)。
よくいえば「清潔感あるお嬢様」、悪くいえば「小学生にしか見えないスタイル」であるとも描写される。

エコロジーカラー

ベージュを中心とした自然素材色が再び台頭してくる。1970年代のアースカラーみたいに。
人にやさしいイメージ。
インテリアにおいては、オークやチェストナットといった高級輸入木材を使ったダークブラウンの家具や、
英国伝統を思わせるようなグリーン、ブラウン、ネイビーブルーといったダークカラー使いのファブリック製品、高級カーペットなどが市場を賑わしている。
家電製品では、これまでのパステルカラーは急速になりを潜め、グレイ系、ベージュ系の大理石調、砂目調など非常に凝った表面感を持つカラーデザインが人気を呼んでいる。

車ではネイビーブルーを中心とするダークカラーが急速に伸びている。

サポートサイト Wikidot.com