江戸時代

本物のページはこちら→edo

Included page "edo" does not exist (create it now)

江戸時代の町人は、紅染めや紫染めの使用が禁止されたので、似せ紫のような染を工夫した。
色の流行は禁令により、布地の質や染料などが制限されていたため、色相の片寄った範囲になった。

江戸時代に開発された色

鬱金色

江戸紫

納戸色

利休鼠

歌舞伎役者の名前にちなんだ茶色

江戸時代では、緑系やオリーブ系も茶と呼ばれていた。

団十郎茶


柿色と同じ

芝翫茶

梅幸茶

路考茶

璃寛茶

その他

利休茶

サポートサイト Wikidot.com