C++おすすめ本

本物のページはこちら→cplus-books

Included page "cplus-books" does not exist (create it now)

はじめてc++に挑戦する人へ


私は、このシリーズのjava版が気に入っていたので、c++にはじめて取り組むときもこれらを買いました。
このシリーズの良いところは、大きな文字で、簡単なことだけ書いてあるところ。
なので、これさえあれば万事okというわけではないけど、これがあればコードは書けるし、今でもこれはなんだっけ、と思うところを参照にすることがあります。
各章に問題もついているので、初めてC++を学ぶとき、通しで読むのに最適。
C++全くの初心者、コンパイルってどうやってするの?という状態から、通しで読んでも苦にならない。
ただし、この本だけでは、Cのすべてを網羅するには全然足りない。

新ANSI C言語辞典


c言語のソースに出てくる#マークとか、マクロの仕様とか、google検索しようにもうまく検索できないような謎がこの本のおかげで解決できた♪
ただし、大変小難しい言葉で、わかりにくく説明してあるように私には思える。
そして、レイアウトも見やすくはない。

STL

STL標準講座


この本は、私がSTLがどうのこうの、と騒いでいたら、研究室の人がポンっと貸してくれた本。
大変わかり易く、STL初心者としてはとても助かって、気に入っていつまでも借りて使ってた。
私は、STLの使い手になりたいと思って
下の「STL―標準テンプレートライブラリによるC++プログラミング」は買っていたのだけれど、


読んでも難しかった。初学者にはきつい。イテレーターってなに!!??ってかんじだった。STL標準講座の本の方がちゃんとわかりやすいサンプルが載ってて良い。

サポートサイト Wikidot.com