色の連想

本物のページはこちら→color-associate

Included page "color-associate" does not exist (create it now)

連想(association)

あることを見たり聞いたり考えたりすることによって、それとつながりのある出来事や経験を思い出すこと。

観念連合(the association of ideas)

ある観念からほかの観念が引き出されること。
連想の性質である。

連想の種類

具体的連想
現実の事物とつながる。有彩色と結びつくことが多い。
抽象的連想
精神的概念とつながる。無彩色と結びつくことが多い。

人間の色に関する連想の特徴

  • 抽象的連想よりも具体的連想の方が多い。
  • 中間色よりも、赤、青、黒、など明快な色の方が連想語が多い。
  • 有彩色は具体的連想に結びつきやすい
  • 無彩色は抽象的連想に結びつきやすい

サポートサイト Wikidot.com