Inkscapeで描くキャラクターの輪郭

最終更新日28 Mar 2017 07:09

inkscape-outline.png

Inkscapeでマンガのような強弱のある線を描くより絵を引用します。
Inkscapeでキャラクターを描いたとき、どうやって輪郭を描くのか?
私なりに考えていきついた方法について書きます。

フィル=塗り ストローク=輪郭。。?

フィル=塗りでストロークが輪郭にすればいいやと最初は思っていたのですが、
複雑な絵を描いていく場合、それだと都合が悪くなってきました。
ゲームに使うキャラクター素材をInkscapeで作る場合、
脚・腕・胴体とパーツを分けたいところですが、
ストロークの色を設定して全部縁取ってしまうとこんな絵になります。
strokes.png
特に注目したいのが脚の部分。
なにやら硬そうな木の人形みたいになってしまいましたね!
輪郭=ストロークにしてしまうと表現の幅が狭まってしまいます。

フィルと輪郭は別オブジェクトにする

輪郭で柔軟な表現をするには輪郭はフィル=透明の別オブジェクトにするのがよさそうです。
上の猫の絵を描くときにやった手順としては

  1. 輪郭を描く ペンの整形は円/孤で
  2. 輪郭オブジェクトをCtrl+Dで重複作成する
  3. 重複したオブジェクトのパスエフェクトを削除する

ペンの整形「円/孤」で描画するとパスエフェクトの「パスに沿うパターン」というのがついてきます。
これで線の強弱を表現しているようです。
これを外すと最初は形がちょっと変ですが同じ輪郭内を塗りつぶしたかのようになします。

  1. フィルの領域をパスのノードを連結するなどして調節する
  2. フィル用のオブジェクトは輪郭用のオブジェクトより奥に配置
  3. フィル用のオブジェクトと輪郭用のオブジェクトをCtrl+Gでグルーピンする

inkscape outline

サポートサイト Wikidot.com inkscapeoutline