inkexのEffectクラス

inkex-effect.png

メンバ関数

def __init__
def effect この関数をオーバーライドしてaffectさせたい内容を書く
def getoptions
def parse
def getElementById
def getParentNode
def getdocids
def getNamedView
def createGuide
def output
def affect スクリプトを有効化する
def uniqueId(old_id, make_new_id = True) return an id that is unique in the document given a proposed id.
def xpathSingle(path) an xpath wrapper to return a single node

メンバ変数

document xml.etree._ElementTree
original_document
selected 現在inkscape上で選択状態にあるノードのリストを返す
doc_ids ドキュメントに使用されているすべてのID
options options passed to the script
args 見てみたらsvg_fileと同じ内容だった
OptionParser
current_layer
view_center 現在見ている中心
svg_file 現在のSVGファイルがPCの中で存在する場所の絶対パスを返す

内部的メンバ関数

これらは内部の処理で使用される関数なのでinkscape Extension開発者はあまり気にしなくても良い関数です。

def getselected 現在選択されているノードを取得。内部で自動で呼ばれてます
def getposinlayer

内部的メンバ変数

ctx 宣言されてるだけで使用されていない様子

OptionParser

使い方

 self.OptionParser.add_option('-w', '--what', action = 'store',
          type = 'string', dest = 'what', default = 'World',
          help = 'What would you like to greet?')
Bibliography

サポートサイト Wikidot.com