Inkex

inkex.png

Classes

class Effect
class InkOption

関数

def unittouu("文字列") SVG属性で文字列として取得したものを数値にしてくれる
def uutounit(val,unit)
def debug
def errormsg エラーメッセージを表示する
def check_inkbool
def addNS(tag,namespace) SVGに要素を追加するための体裁を整える

中でXMLパースに使用されているのはEtreeです

addNS

SVGに要素を追加するためのサンプルコードはこんなかんじです

namespace

ここに渡した値がinkexの辞書NSSにあったら体裁を整えてくれます。
たとえばsvgと渡したら
{http://www.w3.org/2000/svg}と返ってきます。

NSS

デフォルトではNSSの辞書はこのようになっています

sodipodi http://sodipodi.sourceforge.net/DTD/sodipodi-0.dtd
cc http://creativecommons.org/ns#
ccOLD http://web.resource.org/cc/
svg http://www.w3.org/2000/svg
dc http://purl.org/dc/elements/1.1/
rdf http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
inkscape http://www.inkscape.org/namespaces/inkscape
xlink http://www.w3.org/1999/xlink
xml http://www.w3.org/XML/1998/namespace

これらはどれもxmlnsに書いてあるものです。

使い方のサンプルコード

#SVG element generation routine
def draw_SVG_square((w,h), (x,y), parent):
 
    style = {   'stroke'        : 'none',
                'stroke-width'  : '1',
                'fill'          : '#000000'
            }
 
    attribs = {
        'style'     : simplestyle.formatStyle(style),
        'height'    : str(h),
        'width'     : str(w),
        'x'         : str(x),
        'y'         : str(y)
            }
    circ = inkex.etree.SubElement(parent, inkex.addNS('rect','svg'), attribs )
Bibliography

サポートサイト Wikidot.com