間接光

最終更新日22 Feb 2017 02:00

光源から発せられた光が、いったん他の物質との相互作用を起こし、その光がほかの物体を照らす光となる。
たとえば、室内のシーンを考えた時、光源から出た光が壁面などにあたって反射した光は間接光となる。
間接光を精度よく計算して表示して行う手法としてはラジオシティ法がある。


files

サポートサイト Wikidot.com