Implicit Surface

implicit-surface.png

英語にするとimplicitです。

これらの立体は、明示的には表現されていません。頂点が何個あるのか、などははじめから固定ではなくて、
状況に合わせて適当に分割しますよね?
なので、数学の関数を使って定義しています。
よくこんな風に表現されます

f:R3 →R

点群がこんな風に与えられたとします

f(x,y,z)<0;//内側
f(x,y,z)=0;//境界部
f(x,y,z)>0;//外側

この、境界部にあたるところをimplicit surface(陰関数曲面)と呼びます

implicit objectはカリングに使われる

implicit objectはシンプルな数学的関数で表現されているので、
カリングする際の大まかな見積もりに使うのに便利です。
交差テストの見積もりにも便利です。
特に、レイとの色々なオブジェクトとのテストに有効です。

サポートサイト Wikidot.com