GLSLでアンチエイリアシング

最終更新日21 Jan 2015 05:58

smoothstep関数

smoothstep(edge0,edge1,x);

x<=edge0
ならば0.0を返し、
x>=edge1ならば1.0を返す。
xがedge0とedge1の中間に合った場合は、補間した値を返す。


antialiasing


files

サポートサイト Wikidot.com antialiasing