Git diff 差分をチェック☆

最終更新日02 Aug 2017 04:27

git diff コミットハッシュ コミットハッシュ

でコード差分がコマンドラインで出てきます。
多すぎて困るとき、

q

押すと抜けれます
--name-statusオプションをつけると、変更したファイル名だけを出してくれます

git diff —name-status コミットハッシュ コミットハッシュ

—nameです

M modified 修正したファイル
A add まるごと追加したファイル
D deleteまるごと削除したファイル
C コピーしたファイル
R rename 名前変更したファイル
T type ファイルタイプを変更したファイル
U unmerger まだマージしてないファイル
X unknown gitのバグ。これが出たら報告した方が良い

—name-onlyだと変化したファイル名だけを羅列してくれます。
ブランチ名同士の比較もいけます

git diff —name-status ブランチ1 ブランチ2

イメージ的には

git diff 変更前 変更後

です。

ブランチ同士を比較

git diff ブランチA ブランチB

コミット同士を比較(URL利用)

このコミットからこのコミットまで何をしたか表示

リポジトリのURL/compare/コミットハッシュA…コミットハッシュB

https://github.com/:user/:repo/compare/:start...:end という URL を叩くと Compare View という画面になり、
:start から :end までのコミット
:start から :end までの diff
:start から :end までのコミットに対してつけられたコメント

stagedされたファイルの差分を確認

git diff —staged

ある特定のファイルの差分だけ確認

git diff ファイル名


git-url merge


ファイル

サポートサイト Wikidot.com git-urlmerge