Gimpでバイナリファイルを可視化する

gimp-bytes.png

なんと、.dataという拡張子にすれば、ヘッダなしの生データだと思ってくれて、
しかも、親切にも画像の縦横サイズなどをたずねてくれるのだ。

data.png
dialog.png

なんと便利。
私がよく扱う信号強度だけのデータだとちょっと困る。
ちゃんとしたパレットファイルが必要だ。
パレットファイルは

F:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\palettes

にあった。
思い通りに表示するには適切なパレットが必要
たとえば、Reds_And_Purples.gplの中身はこんなだった。

GIMP Palette
Name: Reds And Purples
#
205  92  92    Indian Red
178  34  34    Firebrick
165  42  42    Brown Red
233 150 122    Dark Salmon
250 128 114    Salmon
255 160 122    Light Salmon
255 127  80    Coral
240 128 128    Light Coral
255  99  71    Tomato
255  69   0    Orange Red
255   0   0    Red
255 105 180    Hot Pink
255  20 147    Deep Pink
255 192 203    Pink
255 182 193    Light Pink
219 112 147    Pale Violet Red
176  48  96    Maroon
199  21 133    Medium Violet Red
208  32 144    Violet Red
255   0 255    Magenta
238 130 238    Violet
221 160 221    Plum
218 112 214    Orchid
186  85 211    Medium Orchid
153  50 204    Dark Orchid
148   0 211    Dark Violet
138  43 226    Blue Violet
160  32 240    Purple
147 112 219    Medium Purple
216 191 216    Thistle

私の作った虹色パレットファイルズ

ファイル名ファイルタイプサイズ
data.pngPNG image data9.7 kBInfo
dialog.pngPNG image data57.46 kBInfo

とはいえ、カラーインデックスモードのままではできることが少ないので、

画像→モード→RGB

にしよう。

サポートサイト Wikidot.com