FTGL

ftgl.png

OpenGLで文字を描画するためのポピュラーなライブラリ
FreeTypeのOpenGLにおける利用をより簡単にしてくれるライブラリです。

インストールのしかた

FreeType2をビルドして.libを得る

まず、FTGLを利用するにはFreeType2が必要です。
SourceFourge FreeType…FreeType2のフォルダをたどりましょう
ビルドしたいFTGLに対応したFreeTypeのバージョンがよいです。なので一回FTGLビルドしてどのバージョンのFreetypeが必要なのか確認してからがよいでしょう
.zipを解凍したらVisualStudioの.slnを開いてビルドします。
ビルドが成功したら
objs/ フォルダ以下に何か新しくできているはずです。それをたどって.libファイルができてたら成功です。

FTGLのビルド

FTGL download
解凍して開いたらどこかに.slnがあるはずなのでそれをVisualStudioで開きます。
今回私の場合はftgl-2.1.3~rc5\msvc\vc8 フォルダ以下にありました。
ここで注意しないといけないのがFreeTypeのライブラリへのパスを通してFTGLをビルドしないといけない、ということです。VisualStudioでしかるべき設定をしましょう。
ビルドしたらBuildフォルダ以下に.libと.dllが出来ます。

Getting Started

Visual Studioでの設定
FTGLにパスを通すだけでなく、FreeTypeのincludeにもパスを通さないといけません。

//TrueTypeファイルからピクセルマップを作成する
FTGLPixmapFont mFont = FTGLPixmapFont("AGENCYB.TTF");//.ttfファイルは用意して参照できる場所に置く
    void InitFonts() {
        if (mFont.Error()) assert(!"FTGL error");
    }
    void draw(){
    //フォントサイズを設定して文字を描画する Set the font size and render a small text.
        mFont.FaceSize(72);
        mFont.Render("Hello World!");
    }

位置的には画面下に描画されました
ftgl.png

opengl-library opengl-text

サポートサイト Wikidot.com opengl-libraryopengl-text