ヨーロッパの歴史と色

europa.png

19世紀後半の建築

イギリス

1851年に開催されたロンドンの第一回万国博覧会で、イギリスは機械化レベルを世界に示すため、会場として水晶宮(クリスタルパレス)
を建設した。
Crystal_Palace.jpg
ハイドパークにあったらしい

ウィリアム・モリス

赤い家
moris.jpg
当時の住宅は漆喰仕上げが普通だったが、モリスはレンガの色をそのまま生かした。
グリーンダイニングルーム
green.jpg
いちご泥棒
itigo-1.jpg

フランス

1868年
ラブルーストの閲覧室。
ギリシャ建築を範とするネオグレコスタイル
image001_2.jpg
1900年パリ万博の展示会場としてつくられたグラン・パレは、正面は古典的な石造りだが
メインの屋根が鉄骨とガラスでつくられている
20120228170057d30.jpg

サポートサイト Wikidot.com