回折

最終更新日25 Apr 2017 08:14

太陽や月に薄い雲や霧がかかると、その周りに色のついたぼやけた環が見えることがある。
これは、光は物がないときには直進するが、
物の近くを通過するときに、進行方向が曲がるという性格による。
つまり、大気中の小さな水滴や氷晶によって光の方向が変わったためである。
この色のついたぼやけた環のことを光環という。
この光の方向が変わる現象を回折という。
光は大気中の物に当たって遮られるが、回折した一部の光は物の背後に回り込む。

その光の回り込み方は、波長の長短によって異なる。

光環を観察すると、環の
内側が青みを帯び、
外側が赤みを帯びている
のがわかる。
これは、散乱とは逆に長波長ほど回りこみやすいからである。
短波長のは太陽のすぐ外側、
一方、長波長の赤は大きく回りこみ、より外側に見えることになる。

ブロッケン現象

山頂などで、太陽の光を背にして霧や雲を見ると、
そこに自分の影が映ることがあるが、
これも回折が原因である。
この場合にも、
影の周りの外側に赤、
内側に青
の環が見える。


files

サポートサイト Wikidot.com