等色関数

color-matching-function.png

等色関数(color-matching function)とは、人間の眼で観察したときに、
光のスペクトルを構成する各波長の色と、
原色を混合した混合色とが同じ色に見える、
つまり等色したときの原色の混合比率を示す数値関数を表したものである。
上の図は等色関数で
人間の目に対応する分光感度(色を見分ける3つの感覚)を示したものである。

  • $\bar{x}(\lambda)$….赤の波長域に大きな感度を持つ。
  • $\bar{y}(\lambda)$….緑の波長域に大きな感度を持つ。
  • $\bar{z}(\lambda)$….青の波長域に大きな感度を持つ。

縦軸は分光感度…(色を見分ける3つの感覚)
横軸は波長
である。

試料の大小によって値がわずかに異なるため、
試料が小さい場合の関数と大きい場合の関数の2種類が用意されている。

この手続きは、光の特性眼の特性を色の測定のルールにしたがって標準化するものである。

このように条件を設定することによって、物体の特性、つまり試料の分光反射率が決定すれば、
照明光が物体から反射して人間の眼に入る光が決まり、
その光と同じ色となる三原色の量、つまりXYZ表色系における三刺激値がきまることになる。

三刺激値をもとめるための、等色関数2度視野と10度視野が用意されている。
その条件に合わせて比色した結果は、整合性が得られる。


color-measurement

サポートサイト Wikidot.com color-measurement