色の相互作用

color-interaction.png

2つの色の相互作用を考えるのに、背景色とテスト色の定義をまず確認する必要がある

  • 背景色…影響をあたえる色
  • テスト色..影響を受ける色。

なんでテスト色と呼ばれるかというと、
背景色の効果を測定する、という意味だからである。
2色以上の色が影響し合って見える現象に以下の2つがある

  • 対比….背景色がテスト色に影響を及ぼすことによって、背景色との違いが強調されて見える現象
  • 同化….テスト色が背景色が近づいて見える現象

色々な対比の種類

  • 同時対比(空間的対比)
  • 継時対比(時間的対比)
  • 明度対比
  • 色相対比
  • 彩度対比

を紹介する。

同時対比

大面積に小面積の色を配した場合に起こる
背景色とテスト色を同時に見ることによって見える

継時対比

たとえば、暗室の赤い証明で白く見えていた白衣を、外に出てから見ると赤く見える現象
背景色を先に見せ次に、それを取り除いてからテスト色を見る
という時間的な対比作戦。
残像現象もそれにあたる

明度対比

一番知覚しやすい対比

同化

テスト色が背景色が近づいて見える現象
たとえば、
青いネットに入れたインゲンや、
赤いネットの中のんミカンが色鮮やかに見えるような現象

ミカンが赤いネットに入ってるのってそういう理由だったんだ。知らなかった。

いくつかの例

左の灰色よりも右の灰色の方が明るく見える

色相対比(色陰現象)
右のほうが左より鮮やかに見える
背景が明るい灰色の場合は、かすかに色が知覚される。
この知覚される色相は、背景の色相の補色に近い色相であり、
色空間では背景の色から逆の方向である。

色陰現象

灰色を使用した色相対比のことを特に色陰現象と呼ぶ。

左のほうが右より鮮やかに見える。

左の方は、黄みに、右の方は青っぽく見える

右の色は、左の色より明るく見える。

左のほうが右よりも鮮やかに見える

右のほうが左よりも明るく見える

左のほうが右よりも視認性が高い

左は右よりも対比が大きい

右は左よりも鈍く見える

サポートサイト Wikidot.com