色彩研究による調和論の基礎づけ

最終更新日24 Jul 2013 12:53

ターナーやドラクロアなどの画家が、
再現的描写の伝統から離れて自由に色彩を用いる制作のよりどころとなったのは、
ゲーテの「色彩論」やシュブルールの著作などである。

サポートサイト Wikidot.com