色と眼

color-eye.png
eye-small.png
eye.png
名称 英語 定義
瞳孔 pupil
虹彩 Iris 円盤状の平滑筋の伸縮によって瞳孔の大きさを変化させ、眼球内に入る光の量を調節している。カメラの絞りと同じ働き
水晶体 Lens 厚みを調節されることによって網膜上に像を結ぶことのできるレンズの役割をする器官
角膜 Cornea 眼球の1/6を覆う無色透明な膜
前眼房 Anterior chamber(aqueous humour)
後眼房 Posterior chamber
眼房水 水晶体や角膜に栄養を補給し、代謝物を運び去る
毛様体筋 Ciliary muscle 水晶体の厚さを調節する
チン小帯  Suspensory ligament
小帯繊維 Zonular fibres
網膜 Retina 視神経細胞があり、可視光線のエネルギーを生体内で使える電気信号に変換する。カメラでいうところのフィルムの役割
硝子体 Vitreous humour
硝子体管 Hyaloid canal
脈絡膜 Choroid 眼に栄養を補給する.血管が多い。
強膜 Sclera 一番外側の膜。白色不透明。厚さ約1mm。いわゆる白目
視神経乳頭 Optic disc ここには細胞が存在しないので、この部分に光が当たっても色や形を見ることができない。盲点と呼ぶ。
視神経 Optic nerve
網膜血管 Retinal blood vessels
中心窩 Fovea 網膜の凹んだ部分。黄斑の中にある。杆体や錐体が集中して存在する。視覚が最も敏感な部分
黄斑 Macula 直径約2mmの楕円形で黄色の色素を持つ。光が視細胞に到達する前に短波長をカットするフィルタ.紫外線を防ぐ

もっと詳細に

杆状体 rod 明暗
錐状体 cone

杆状体は波長507nmのときで最も敏感に反応する。

杆体・波長507nmの色 錐体・波長555nmの色

虹彩

虹彩は、平滑筋の伸縮によって瞳孔の大きさを変化させ、眼球内に入る光の量を調節する。

水晶体

水晶体はレンズの役割をし、近くの物を見る時は厚くなり遠くの物を見る時は薄くなる。

Bibliography

サポートサイト Wikidot.com