Bounding Volume

最終更新日30 Sep 2014 03:41

いきなり最初から、2つのオブジェクト同士を、その形のままポリゴン1個ずつ丁寧にテストして衝突判定するというのは、
とても時間がかかります。
なので、普通はオブジェクトの周りを簡単な図形で囲んだBounding Volumeというものを使って衝突判定をします。

サポートサイト Wikidot.com