Blender外部ソフトでテクスチャを描画する

Blender内でもテクスチャを描くことができますが、
機能は限られていて、既存の写真を切ったり貼ったりができないで、凝ったものを作るのがなかなかむずかしいです。
この程度の出来栄えに。。。!

2d.png
3d.png

なので外部ソフト(GIMPやPhotoshop)でテクスチャを作成したいところです。

GIMPでテクスチャを編集するには?

Blenderからテクスチャを描く指標となる画像をエクスポートします。
外部アプリケーションでテクスチャを描くなら、テクスチャのどの部分がメッシュのどの部分に使われるのか、知っておかないといけません。
そのためにUVマップが必要です。

UV/Image Editor-> UV->Export UV Layout

を選びます。
exportuv.png
こんなかんじの画像がエクスポートされました。
sorauv-mini.png
内側の薄い白は要らない、枠線だけでいいならOpacity=0と設定してエクスポートします。

さらにAmbient Occlusionの画像もエクスポート

UVマップだけだと何がどれに該当したのかわかりにくいのでAmbient OcclusionをBakeした画像をエクスポートしてレイヤーに挟むのがおすすめです。

  1. world.pngWorldの設定でAmbient Occlusionにチェックを入れておく
  2. bake.pngのところでBakeする。

外部ソフトを利用して作った画像をテクスチャとして取り入れる

UVMapエディターで画像をOpenします。

Bibliography
2. Creating a Low Poly Medieval House in Blender: Part 2….Ambient OcclusionをBakeしてテクスチャ描画に役立てる方法が紹介されています。

サポートサイト Wikidot.com